高石市で屋根の改修工事をしました。

こんにちは!

今回は高石市の方で、既存の屋根材にGL(ガルバリウム)鋼板を

使用した『タテヒラ』をカバー工法にて施工してきました。

【高石市 S様邸】

カバー工法とは、既存の屋根材を撤去せずに上から施工する方法で、

撤去をしない分、工事費用と工事日程を少なく出来るのがメリットとなり

現在のリフォーム工事ではメジャーとなっている工法です。

それに対し、瓦など凹凸の大きな屋根材に関しては、そのまま上から

屋根材の施工するのが困難な為、一度古い瓦を撤去し新しい屋根材を

新設する『葺き替え』という方法を行います。

【葺き替え例】

いずれにせよ、長い年月が経って傷んできた屋根を放置していると、

雨漏れの原因となり、内部に入った雨水が柱や梁など建物の重要な部位を

腐食させる事につながります。

そうなる前に、気になる所に関しては早めの対処が大切です。

 

今回新しい屋根材として使用した『タテヒラ』とは、現在の新築物件の屋根材

としても非常によく使われる商品で、特徴としては

①屋根材自体が非常に軽いので、建物への負担が少ない。

②勾配が緩い屋根にも施工可能。

と、新築だけではなくリフォームにも使い易いメリットがある屋根材です。

【タテヒラの形状と種類】

今回の現場も屋根勾配が1寸と非常に緩かった為、タテヒラが採用されました。

 

既存の屋根材の上にまずは『改質アスファルトルーフィング』という、板紙に

アスファルトをしみこませた建築用の防水材料を張り付け、雨水が屋内に

進入するのを防ぎます。

【改質アスファルトルーフィング】

その後、タテヒラを施工していきます。

今回の現場には、屋根の上にTVアンテナを立てる台の様な物が

設置されていたので、その周りもタテヒラの端部を立ち上げ、

空いた隙間に捨てコーキングを打ち、更に雨押えという部材で囲んで、

雨水が入り込まない様に施工していきます。

【タテヒラの立ち上げ】

最後に棟部分に棟包と言われる、同じくガルバリウム製の部材を

施工して完成です。

【棟包を施工して完成】

屋根は建物の中で一番雨を受け、直射日光を浴びる箇所です。

その為、劣化も激しく また確認しにくい箇所でもあるので、気付いた時には

症状が進んでしまっている事もしばしばです。

 

※台風の後、確認出来ていないけど、うちの屋根は本当に大丈夫?

※まだ雨漏りはしていないけど、そろそろ心配・・・

など、おうちに関する気になる事はお気軽にお問合せ下さい。

 

泉佐野市 長滝3307番地

株式会社 岩スタイル

GUN STYLE


一覧ページに戻る