貝塚市にて大改修工事!

こんにちは!

今回は貝塚市の方で外壁丸々カバー工法にてサイディングの

新設を行いました。

こちらのお宅の既存の外壁は、塗り壁&焼きの杉板という純和風建築で、築年数が

経ってきたため全体的な大改修工事となりました。

【貝塚市 N様邸】

   

まず、新しいサイディングを施工するにあたり下地が必要となりますが、既存の外壁を

全て撤去するのは莫大な時間と労力が掛かりますので、既存の上から胴縁

(どうぶち-木下地)を横方向に流し、その後外部合板を張っていきます。

その間にサッシも新しい物に交換していきます。

サッシの取り付けが完了したら、透湿防水シートを張っていきます。

この『透湿防水シート』というもの、各メーカーから販売されており様々な

機能を持った商品がありますが、基本は水は通さないが湿気は通す、つまり

外部からの雨水が建物内に入らない様にブロックし、内部の水蒸気は外部に

放出して結露が発生しにくくするというもので、現在の新築物件のほぼ100%に

採用されている部材です。

【透湿防水シートのしくみ】

透湿防水シートの施工後、サイディングを張っていきます。

新築と異なり、リフォームの現場の場合は既存の建物が経年劣化で微妙に

傾いていたり、壁や柱に歪みが生じている事も多々あり、その上にサイディングを

新設する際にも、レベル(水平)が出ていなかったり、不陸が出ていたりと

色々不具合もありますが、建物に合わせながらも極力きれいな仕上がりに

なる様に努めます。

【サイディングの施工】

 

今回職人を悩ませたのが、この立派な梁です。場所によって合板と梁との間にサイディングを

入れ込める箇所もあれば、サイディングが梁に干渉してくる箇所もありました。

曲線的な梁に対して直線的なサイディングをどう収めるか非常に難しい問題でした。

そして最終的には…

ちょっと分かり辛いかもしれませんが、曲線的な梁に対し金属製の『見切り』という

部材を要所要所ジョイントを入れて角度を変えながら沿わせて、そこにサイディングを

差し込むという方法でした。その箇所は大きな軒下だったので雨が入る事はありませんが、

少しでもコーキング代を小さくしたいという思いからでした。

 

🔥正に職人魂🔥

この一手間二手間で、ただ単に隙間をコーキングで埋めただけの場合と比較すれば

見た目もガラッと変わってきます。

 

リフォーム現場あるあるですが、最初は気付かなかったとしても作業を進めていくうちに

必ずといっていいほど、困難な箇所が出てきます。

そういう所を一つ一つ試行錯誤しながらクリアしていき、完成へゴールするという

感じです。

 

どんな難しそうなリフォームでも、またどんな小さなリフォームでも

お気軽にご相談下さい。

 

泉佐野市 長滝3307番地

株式会社 岩スタイル

GUN STYLE


一覧ページに戻る