寝屋川市にて換気棟の取り付けをしてきました!

こんにちは!

今回は寝屋川市の新築現場で屋根の換気棟を取り付けてきました。

こちらの屋根材はケイミュー株式会社の定番屋根材

『コロニアルクァッド』を使用しており、この屋根の片流れの棟部分に

換気棟と呼ばれる、屋根裏にこもった熱気や湿気を放出させてくれる部材を施工してきました。

【換気棟】

 

通常はこの様な換気口が付いていない棟板金にて施工する事が

多いのですが、こちらの換気棟は雨の進入は防ぎ、屋根裏の熱や湿気を

外に放出してくれるので、特に夏場等の室内温度上昇を改善してくれます。

 

実は私事ですが、私の自宅には2階にロフトがありまして、夏場に上がると灼熱でございます 🥵

この様な環境でも換気棟を取り付けていれば、改善される事が期待できます。

 

実際の施工に当たり、まずは通気を取る箇所の確保です。

野地板で塞がれた箇所を換気棟のサイズに合わせてカットしていきます。

【野地板のカット】

きれいにカットできました。

次に、換気口の周りにL型の板金の取り付けをします。

雨が入ってこない様にする為です。

【L型板金の取り付け】

板金の所まで、コロニアルクァッドを張り上げます。

【コロニアルクァッドの張り上げ】

その後、上下に木下地を施工し、換気棟を取り付けていきます。

【換気棟の取り付け】

【完成】

この換気棟は新築だけではなく、リフォームでも取り付け可能です。

夏場、窓を開けているのに、おうちの中に熱がこもって暑いな・・と感じられている場合は一度ご相談下さい。

 

泉佐野市 長滝3307番地

株式会社 岩スタイル

GUN STYLE


一覧ページに戻る