外壁リフォーム

外壁は、お客様の大切なお住まいが雨風や直射日光によってダメージを受けるのを守っています。

外壁の耐久性を維持することは、お住まいの耐久性を維持することにも繋がります。そのため、外壁の老朽化の症状を見逃さず、適切な時期に外壁塗装やシーリング工事、防水工事、サイディング工事など、必要な工事を行いましょう。

当社代表は外壁診断士の資格を所持しているため、外壁の状態を見極めて必要な施工をご提案することができます。
気になることがあればお気軽にご相談ください。

サイディング工事

サイディングはデザインやカラーバリエーションが豊富にあり、優れた美観を持っています。そして、工場で生産されているため、高い品質を安定して得ることができます。
そのため、お客様のご要望に合わせて施工することができます。

壁の下地に1枚ずつ張り合わせる工事が基本ですが、既存の外壁の上から重ね張りをするカバー工法もあります。
いずれも建物の状態を的確に判断し、最適な工法で丁寧に張り合わせる高い技術が必要になります。

シーリング工事

シーリングは外壁同士のつなぎ目やサッシ回りなどの接合部分、外壁の割れ目を埋めるための充填剤です。
弾力性・防水性が抜群で、建物の揺れを吸収したり、水分が建物内部に侵入するのを防ぐ役目を担っています。

そんなシーリングの硬化やひび割れを放っておくと、雨漏りの原因になってしまうこともあるため、不具合を見つけた際は直ぐに補修しましょう。
定期的に打ちかえを行うことで、本来の性能を取り戻して建物の寿命を長く保ちます。

外壁塗装

外壁を触ると手に白い粉が付いたり、色あせしている箇所はありませんか。
このような症状をそのままにしていると、やがてひび割れが起こり、そこから建物内部に水が浸入するようになります。そして、さらに症状が悪化すれば大規模な工事が必要になることもあります。

こうした事態を防ぐためにも、10年を目安に外壁塗装を行い、外壁の耐久性を維持しましょう。

防水工事

せっかく外壁塗装で水の浸入を防いでも、屋上やベランダから水が浸入しては意味がありません。
屋上やベランダ、バルコニーといった場所は平らな場所ですので水が溜りやすく、防水工事を施していない場合は下層に水が染み込み、雨漏りを引き起こすことが考えられます。

防水塗膜が剥がれていたり、ひび割れている箇所があれば、一度当社にご相談ください。
適切な防水工事を行い、建物内部への水の浸入を防ぎます。

外壁工事、屋根工事、板金工事、内装リフォームのことなら株式会社岩スタイル

【代表直通】090-3359-8503
【事務所】072-490-2267
【事務所】〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝3307番地
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】関西一円

一覧ページに戻る