屋根リフォーム

屋根は雨風や日光・糞害による影響で、外壁以上に老朽化が進みやすい場所です。
しかし、その高さから普段目にする機会がなく、現在、屋根がどのような状態になっているかを把握するのは困難です。

当社は、屋根の葺き替え・カバー工法・板金・樋の補修工事など、屋根工事全般に対応しています。
お任せいただければ、屋根の状態を正しく判断の上、最適な施工方法をご提案いたします。

屋根カバー工法

屋根カバー工法は、既存の屋根を撤去せず、その上から新しい屋根材を取り付ける工法です。建物の環境にもよりますが、新築から20年経っていればカバー工法を行う時期に来ています。

この工法の最大のメリットは、既存の屋根を解体しないことによる工期の短縮と工事費用の削減です。他にも、既存の屋根の上に新しい屋根を設置した分屋根の厚みが増し、遮音性と断熱性が向上するメリットが得られます。

一方で、既存の屋根を残すことによる、不陸や総重量の増加といったデメリットもあります。
また、下地が余りに傷んでいたり、日本瓦や陶器瓦のような凹凸のある屋根材にはカバー工法を採用することはできません。

メリット・デメリット両面を持つカバー工法ですが、アスベストを含んだスレート屋根で建てられた築年数の経っているお住まいなら、メリットの恩恵を最大限に受けることができますのでおすすめです。

屋根葺き替え工事

葺き替え工事は既存の屋根を取り除き、新しい屋根に交換します。天井や壁に濡れたようなシミができていれば、屋根の葺き替え工事をおすすめします。

新しい屋根材にスレートや金属屋根のような軽い屋根材を選ぶことで、耐震性を高める効果を得られます。

板金の補修工事

雨水の侵入を防ぐ目的で付けられている、屋根の接合部分のカバーを補修します。
破損・変形したままの状態をそのままにしていると、雨漏りや腐食といった症状が起こりますので、定期的に補修を行いましょう。

雨樋の補修工事

当社では、雨樋の点検・補修も行っています。
破損した雨樋は住宅内に雨水が浸入したり、外壁を劣化させたりしますので、お早めに補修をご依頼ください。

外壁工事、屋根工事、板金工事、内装リフォームのことなら株式会社岩スタイル

【代表直通】090-3359-8503
【事務所】072-490-2267
【事務所】〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝3307番地
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】関西一円

一覧ページに戻る